バストアップの方法

バストアップの方法

重力には到底かなうはずもありません。

 

 

 

ましてや、授乳を終えたバストは驚くほどにハリがなくなり、加速度を増して

 

下がっていくのを悲しいことに実感します。

 

 

 

もう昔のようなハリのあるバストは夢のまた夢と諦めてしまいがちですが、

 

気軽に出来るバストアップの方法を試してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

まず良く知られているバストアップの方法の一つに、大胸筋を鍛えることが

 

あります。

 

バストアップの方法 http://www.jkccs.org/

 

手のひらを胸のあたりで合わせます。

 

この時、肘を下げるのではなく、なるべくあげるようにすると良いでしょう。

 

胸の筋肉を意識して、合わせた手に力を入れて。右方向へ、そして次に

 

左方向へと動かします。

 

これを毎日続けることにより、大胸筋が鍛えられますのでバストアップの

 

効果、間違いなしです。

 

 

 

また、バストアップに良い食べ物があるというのをご存知でしたか。

 

大豆は女性ホルモンと似た働きをする大豆イソフラボンがたくさん

 

含まれています。

 

そのため、毎日豆乳を飲むとバストアップが期待できます。

 

 

 

大胸筋を鍛えることと、豆乳摂取を併用することで、バストアップへの

 

近道になるのではないでしょうか。

 

 

 

また、自分に合ったブラジャーをつけることも大切です。

 

下着売り場の店員さんに見てもらうことも良いと思います。

50代以降のバストアップの方法

 

バストアップを行いたいと考えたときには、運動や食事に気をつけたり、さらに女性ホルモンを

 

補うことができるサプリメントなどを使うことで、ゆっくりながら確実にバストアップを行うことが

 

できます。

 

 

 

ただし、バストアップが期待できる年齢もありますので、その点を覚えておくとよいでしょう。

 

 

 

まず、女性は40歳を過ぎると女性ホルモンが徐々に減少し、50代を迎えるころには、

 

極端に女性ホルモンの分泌が減ってしまいます。

 

女性ホルモンの分泌が減ることによって、閉経が起こってくるのですが、この年齢から

 

バストアップを目指そうとしても充分な効果を期待することは難しくなってしまうのです。

 

 

 

バストアップを行いたいと考えたときには、女性ホルモンが減少してしまう、40代前から

 

食事に気を使ったり、サプリを利用したりと努力を行ってみるとよいです。

 

 

 

ただ、50代以上の方は、自分の力でバストアップを行えないものの、美容外科で

 

人工的な施術を受けることにより、理想とする形に整えることができます。

 

50代以上の方で、胸の垂れなどにお悩みの方は、自分で努力してもなかなか効果を

 

感じることはできませんので、美容外科での施術を検討してみるとよいでしょう。

 

 

 

美容外科では、注射などで体に負担なく施術を行えますので、余計な手間なく胸の

 

形を整えることができます。